不動産投資を始める前にやるべきこと 副業を始める前に ~大家さんYuTa~

不動産投資・副業を始める前にまずやるべきことをご紹介しています。投資資金を作るための方法、投資するための知識・情報を得るのに有効な方法をご紹介していきます。ブログ運営者は、平均的サラリーマン兼大家さんのため、身の丈にあった現実的な方法で、誰にでも取り入れられる方法になります。

イオンカードセレクト イオン利用者必携クレジットカード

イオンカード

 

f:id:YuTa3:20191213110853p:plain

イオンやマックスバリュ

よく買い物をする方に

おススメなのは

「イオンカードセレクト」です。

 

イオンカードは種類が沢山ありますが、

その中でも「イオンカードセレクト」が

1番のおススメです。

 

まずは、イオンカードが

どんなカードなのかからご紹介します。


イオンカードとは、

イオン銀行が発行するクレジットカードです。

 

主な特長は下記です。

 

・入会金・年会費無料

 ・カードショッピング200円(税込)ごとに

 ときめきポイント1ポイント貯まる。

 イオングループで利用した場合、

 200円(税込)ごとに

 2ポイント貯めることができる。

 毎月10日の

 「ときめきWポイントデー」は

 ときめきポイントが2倍貯まる。

 貯まったときめきポイントは

 WAONポイントや商品と

 交換することができます。

 

・毎月20日、30日の

 「お客さま感謝デー」で

 お買い物代金が5%OFF。

 毎月10日「ありが10デー」で

 ポイント5倍と、

 イオンのお買い物が

 とてもおトクになります。

 

・毎月5のつく日は

 「お客さまわくわくデー」で

 ポイント2倍プレゼント


・毎月15日は「G.G感謝デー」で

 お買い物5%OFF

 

イオン銀行普通預金金利

 最大0.15%に

WAONオートチャージ200円ごとに

 1WAONポイント


・年間100万円以上使うと、

 年会費無料のゴールドカード発行


・イオン以外の一部店舗でも

 毎月20・30日は5%OFF


イオンシネマの映画

 一般料金300円引き


イオングループの利用は

 毎日ときめきポイント2倍付与

 

イオンカードセレクトを持つと、

イオンでのお買い物がお得になり、

ネットバンクのイオン銀行

作ることができ、と

よりお金を貯めることのできる習慣が

自ずと身に付けられます。

 

目次

 

年会費無料

イオンカードセレクトは、

多くの特典・サービスが

受けられるのに

年会費無料で持てる

クレジットカードになります。

 

家族カードも年会費無料です。

 

後述する

イオンゴールドカードセレクト」の

取得を考える場合、

家族カードも持つ方が

取得に近づきます。

 

ETCカードの年会費も無料

イオンカードセレクトに付帯する

ETCカードも年会費も無料です。

 

イオングループでのメリット5つご紹介

1. 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」

イオンでお買い物する人にとって、

イオンカードセレクトを持つ

最大のメリットは、

5%OFFになる毎月20・30日の

「お客さま感謝デー」です。

 

たとえば、食材・生活用品等で

毎月30,000円を

イオンで使っているとします。


そのうち、20,000円は、

20日と30日で使っているとします。

 

20,000円の5%は1,000円。


この場合、

イオンカードセレクトを使うだけで

月1,000円の食費が浮きます!

 

これを1年に換算すると、

1,000円 × 12ヶ月 = 12,000円

 

12,000円の節約に繋がります。

 

イオンカードセレクトを使うだけで、

年間12,000円の節約ができます。

 

そして

イオンカードセレクトの年会費は

無料です。

 

また、より多くの金額を使う場合や、

20日と30日に集中させて、

20日と30日に使う金額が多くなれば

それだけ節約金額が上がります。

 

積み重なると、

大きな金額になります。

 

毎月イオンでお買い物している

金額を思い出して頂けると、

現実的に感じて頂けると思います。

 

お客さま感謝デーで5%OFFになる

対象店舗は以下です。

 


2. イオンシネマ映画料金が300円割引になる

イオンカードセレクトを持っていれば、

イオンシネマ一般料金が

割引になります。

 

映画館に行く機会も多いなら、

うれしい特典です。

 

イオンシネマは、

イオンカードセレクト利用で

本人と同伴者1人が、

それぞれ300円引きになります。

 

イオンカードセレクトがあるだけで、

2人で600円安くなります。

 

同伴者1人まで割引になるというのが、

より良いところです。

 

夫婦・家族と一緒に観に行って、

より安くなります。

 

なお、イオンシネマは、

毎月20日・30日は

通常1,800円のところ

1,100円になります。

 

3. WAONオートチャージでポイント二重取り

イオンカードセレクトは、

電子マネーWAON

標準で付いています。

 

WAONにチャージすることで、

会計時、カードをかざすだけの

電子マネー払いもできます。


カード払いよりも、

手間が省けます。

 

イオンでWAON払いを

しようとしたときに

残高不足であっても、

自分で設定した金額分だけ

オートチャージするように

設定することもできます。

 

これは、

たとえば、2,000円の

オートチャージ設定をしていると、

WAONの残高不足時にタッチすれば

自動で2,000円が電子マネーWAON

加算される仕組みです。

 

そして、

イオンカードセレクトが優れているのは、

このオートチャージ時に、

WAONポイントが貯まることです。

 

200円ごとに1ポイント付与ですが、

WAONで支払いする時にも

WAONポイントが

200円ごとに1ポイント貯まります。

 

合わせると、

200円で2ポイント貯まるので、

還元率でいうと1%です。


ポイント二重取りもできて

お得です。

 

WAONを、クレジットカードで

チャージして、ポイントが貯まる

クレジットカードは他にありません。

 

WAONでのポイント二重取りは、

これが唯一の方法になります。

 

WAONオートチャージ

ポイントが貯まることにより、

使い道が広がります。

 

たとえば、コンビニの

ミニストップでは、

WAON払いができるので、

以下のような支払いにも使えます。

 

 

特に、税金支払いにWAONが使えるのは、

メリットが大きいです。

 

4. イオンカードセレクトの提示だけでWAON POINTが貯まる

イオンやマックスバリュ等のお店で

お買い物したときに

イオンカードセレクトを提示すると、

WAON POINTが貯まります。

 

税込200円ごとに1POINTO付与です。

 

なお、さきほどのオートチャージ

ところで述べた「WAONポイント」と

WAON POINT」は、

読み方は一緒ですが、

別物なので注意が必要です。

 

5. イオンカード共通の特典

他にも、イオンカードセレクトを

持っていることで

受けることのできる特典は

数多くあります。

 

主な特典は以下です。

  • Web明細にすることで毎月10ポイントもらえる
  • 施設で優待割引が使える
  • ショッピング保険が180日間ある

 

イオン銀行の口座開設も同時にできる

イオンカードセレクトの

大きな特徴の1つに、

ネットバンクである

イオン銀行の口座開設も

同時にできる点があります。

 

近くにイオンがあって、

日常的にイオンを使っているのであれば、

生活費のメインバンクも

イオン銀行に変更してもよいのではと

思います。

 

理由は、普通預金金利

高くできるからです。


多くの銀行預金だと、

0.001%と低金利です。

 

しかし、イオン銀行の場合、

普通預金金利を0.10%まで

簡単な方法で上げることができます。

(最大0.15%)

 

それは、イオンカードセレクトを

持ったうえで、

以下のことを実施すると

イオン銀行のステージランクが

ゴールドになり、

それで普通預金金利

0.10%にUPさせることができます。


残高が100万円あるとすると、

0.001%の金利だと利息10円。

0.10%だと1,000円です。

 

このご時世、

銀行に預けているだけで、

利息が1,000円つくことは

そうそうありません。

 

このため、

イオン銀行だけ使いたい場合でも、

イオンカードセレクトを持つのが

お得です。

 

イオンもイオン銀行

両方を使う方にとっては、

イオンカードセレクトの申込みと同時に

イオン銀行もと

まとめて申し込めるので

手間が省けます。

 

イオンカード公式HPへ行く 

 

VISAブランドならカードタッチ決済に対応している

イオンカードセレクトは、

VISA・MasterCard・JCB

3つから選ぶことができます。

 

この中でVISAブランドの

イオンカードセレクトだと、

タッチ決済に対応しています。


ローソンやマクドナルドの場合、

支払いするときに

タッチ決裁用の端末にタッチするだけで

支払いが完了します。

 

JCBやMasterCardの場合は、

Apple Payに紐づけることで、

タッチ決済ができます。

 

Apple Payに対応している

イオンカードセレクトは、

Apple Payにも対応しています。

 

もし、Apple Payが使えるiPhone等を

持っているのであれば、

登録しておくことで利用可能です。

 

なお、イオンカードセレクトを

Apple Payに登録して利用した時の

支払い方法は「iD」になります。

 

そのため、

イオンカードセレクトを登録した

Apple Payを使うときは

レジで「iDで」と言うとすみます。

 

Apple Payで支払ったときも

「ときめきポイント」が

200円ごとに1ポイント貯まります。

 

年間100万円以上使うとゴールドカードの招待が届く

イオンカードセレクトを

年間100万円以上使うと、

イオンゴールドカードの招待が

届きます。

 

内部では、その他の条件も

あるのかもしれませんが、

公開されている

ゴールドカード招待の条件は

これだけです。

 

通常、ゴールドカードは

年会費無料で持てるものでは

ありません。

 

それがイオンゴールドカードの場合、

年会費無料で持つことができます。

 

イオンゴールドカードを手に入れると、

イオンラウンジが使えるなど、

通常のカードにない特典があります。

 

イオンゴールドカードの主なメリットは以下です。

  • イオンラウンジが使える
  • 羽田空港のラウンジが使える
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯

 

デメリットについて

イオンでのお買い物や

イオン銀行として使えるなど、

お得すぎる機能が多い

イオンカードセレクトですが、

それでも弱点はあります。

 

それは、

割引は沢山あるものの

イオングループ以外での利用は

ポイントはあまり貯まらない

ことです。

 

イオングループ以外での

普通のショッピングで使った時は、

200円につき1円分のときめきポイントが

貯まります。

 

還元率であらわすと0.5%です。

 

イオン、マックスバリュなどの

イオングループでのお買い物は

毎日、ときめきポイントが2倍

貯まります。

 

この場合は、還元率1%です。

 

毎月5日・15日・25日は

リボ払い200円ごとに

ときめきポイントが5倍

貯まります。

 

しかし、リボ払いは手数料が

掛かりすぎてしまうので、

お得感はありません。

 

20日、30日のお客さま感謝デーや

イオンシネマで使う時は、

割引があるので

イオンカードセレクトはとてもお得です。

 

 

割引特典のある時だけ、

イオンカードセレクトを使い、

その他はポイント還元率の高い

クレジットカードを使う、

といった併用で使い分けても

良いと思います。

 

ときめきポイントの交換先

ときめきポイントは、

日用品をはじめ、商品券や

他のポイント移行に使えます。

 

以下、主な交換先です。

  • WAONポイントへ移行:1,000ポイント→1,000ポイント
  • ワタミグループ食事券1,000ポイント→1,000円分
  • イオンコンパス旅行券1,000ポイント→1,500円分
  • イーハート食事券2,700ポイント→3,000円分
  • JALマイルへ移行:1,000ポイント→500マイル
  • dポイント:1,000ポイント→1,000ポイント


実用的なのは、WAONポイントです。

 

イオンでのお買い物の割引に

すぐ使えるので、貯めたポイントが

ムダにならないためです。

 

さいごに

イオンでよりお得に買い物するためには、

イオンカードセレクトの活用が欠かせません。

 

他にも株主優待などを組み合わせることで、

もっと安く買い物できるようになります。

 

イオンは、

日々の食料品など、生活に欠かせない

お店のため、

お得に活用することで、

イオンを使い倒すことで、

家計はより改善すると思います。

 

イオンを利用していて、

まだイオンカードセレクトを

持っていないのであれば、

今すぐ作るのがおススメです!

 

イオンカードセレクト公式HPこちら

 

 

 

fudosantosiosusumebon.hatenablog.jp